スポンサーサイト

  • 2014.04.09 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    奇才集結!

    • 2012.11.17 Saturday
    • 14:42
    木曜日のこと。
    仕事が忙しい中、強行スケジュールで大阪へ。
    おじいちゃんの車に乗せられ、泣き叫ぶムスコに後ろ髪を引かれながらも、
    いざ、北浜の雲州堂へ。

    お目当ては「とりどり」さんと「イシダストン」さんのライブ。
    奇才集結のこの機会を見逃す手はないということで。

    鳥似の人と、ロナウジーニョ似の人も、当日誘ったにもかかわらず来てくれて嬉しかった。
    ナイスフットワークでーす!

    同世代女子3人。最近どうよ的な話を織り交ぜながら、ライブを堪能。
    なんとも贅沢なひととき。
    数年前まで日常だったことが、こんなにもスペシャルに感じられるなんて、ね!
    そら、お酒も進みますわ。

    久々に見たとりどりさんは、三味線、ニコ、カホン、アコーディオン、フルートで構成されてるユニット。
    はじめて見たときは確か3人構成だったような…。
    エグザイル、ちょっと見ん間にめっちゃ人数増えてますやん!と、おんなじ感覚に陥る。
    のっけから賑やかに登場し、ワクワクするようなサウンドで楽しませてくれた。
    合間のトークにもニヤニヤ。

    続いては滋賀の奇才、イシダストンさん。
    雲州堂の独特の空間で聴いたせいもあってか、グワングワン魂を揺さぶられた。
    起承転結。ドラマ性をものすごく感じる曲の数々に、
    会場のみんなが、ぐいぐい引き込まれていくのがわかる。
    体の一部であるかのように、巧みにギターを奏でるその姿は、「体にギター埋め込まれた人」さながらやった。
    たぶん口半開きで観てたわ、ワタシ。

    ライブが終わり、実家へ帰る電車の中で、ライブでやってた「名前のない病いの人」の唄がアタマん中をぐるぐる。

    (なんちゃらかんちゃらなんちゃらかんちゃらー、)名前のない病いの人〜♪っていうフレーズがあるんやけど、それのふざけたバージョンを勝手に考えてみる。

    お皿なんて別にほしくないのに、点数シール集めてしまう、名前のない病いの人〜♪

    日焼けを気にするばっかりに、めちゃ長いサンバイザーで悪目立ちしてる、名前のない病いの人〜♪

    電車の中で人目を気にせずエア和太鼓してる、名前のない病いの人〜♪(←行きしなの電車で見た)

    etc…。

    そんなこんなを考えてたら最寄駅に着いて、タクシー乗り場へダッシュ!
    魔法の車で帰宅。。。チーン♪

    みなさま、素敵な夜をありがとう。



    滋賀友

    • 2012.10.09 Tuesday
    • 18:20
    日曜日は大津で行われたイベント、イケ麺バトル2012へ。
    ラーメン食べる時、スープはレンゲ一杯くらいしか飲まないという、ラーメン愛のない私が、イケ麺バトル2012へ。

    目的は、イベント会場で行われたライブ。
    夫の友人夫婦のよしこストンペアを観に行ったのです。
    このご夫婦、一度も会ったことがないのにもかかわらず、Twitter上でかなり絡ませていただいていて、会いたいなー、ライブ観てみたいなーと思ってて、この日、ようやっとその願いが叶ったというわけ。

    青空の下。
    頬なでる風。
    ココロとカラダに染み込むような音色と歌声。
    逃げ回る我が子の笑い声とかもあいまって、ほわんと幸せな気持ちになる。

    音源は一部聞かせてもらってたけど、やっぱり生ライブてええなー。
    ほんで野外ってええなー。
    昼間に屋外で飲むビールが美味しいのとおんなじで。

    よしこさん、サウンドオブミュージックのジュリーアンドリュースみたいやった。
    ↓イメージ


    イシダストンさん、ピアニカ弾くスタイルが、まさかの忍者座りやった。
    ↓イメージ


    ステージを終えたおふたりに、ドキドキしながら声をかける。
    名前を名乗ると、びっくりしながらも喜んでくれた。

    ようやく、実在の人物として認められてよかった。
    ホンマにツチノコっておったんや!みたいな感覚かな。

    ビール一杯分の談笑を楽しみ、一旦京都へ。
    しばらく時間を潰した後、またもや会場へ戻り、今度は夕方からの出番だった、夫のライブを観る。
    一部ヒヤヒヤなMCもありつつ、ムスコは裏打ちでノリノリ。
    そこそこ盛り上がり、ライブは終了。
    ラーメン四種類をわけわけして食べた。
    レンゲ一杯分もスープ飲んでないけど、ラーメンもたまにはええなぁと思えた一日。

    何よりも素敵な出会いに感謝!

    お花見二本立て

    • 2012.04.08 Sunday
    • 21:45
    今日はポカポカお花見日和。
    湖北から来てくれたお父さんお母さん、さすけと四人で二条城へ。

    が!まだあまり咲いてない〜!ガビーン…。
    駅前の桜満開やし、もういけるやろうと思ったのにー。
    わざわざ遠くから訪ねて来てくれたのに、申し訳なかったな…。

    ま、今月もまた、サスケの成長を見てもらえたので、よしとしよう。

    で、二条駅で義父母を見送ってから、すぐ近くでお花見してるという、Sちゃんたちのもとへ行ってみる。
    ほとんど初対面の人たちやったけど、楽しかった!

    しかも桜は満開!

    美味しい手料理つまみ食いして、嵐のように退散!

    独身の頃の私なら、確実に最後までいてたやろな。
    ミスさみしがりんぼ。
    現在は…
    ミセスさみしがってる暇なんてないリンボ。

    仕事に家事に子育てに、何かと忙しゅうございます。
    とか言いながら、今ひとりビールを優雅に楽しんでるけども。

    昨夜のIPPONグランプリ録画してたん、みーよーっと。

    人間とうさぎとお野菜と

    • 2011.10.03 Monday
    • 13:51
     昨日、仲良し劇団「超人予備校」の公演、「ほとんど人参」を観て来た。
    今回はいつもと違い、人間が主役。
    うさぎやお野菜、落語家さんとともに、ストーリーを紡いでゆく。
    テーマは「ないものねだり」かな?
    至ってシンプルな物語なのに、次から次に見せ場が出てきて、
    1時間45分、飽きずに楽しめた♪
    言うなれば、栄養たっぷりの寄せ鍋みたいなお芝居やったよ。

    最後のダンスシーンでは、みんなの顔が清々しく、
    自信にみなぎってたなあ。
    いつも思うけど、やっぱり舞台上の役者が楽しんでやってることが、
    客席にも伝わってくるお芝居はよいね。
    元気をもらえたひととき。

    終演後、誰かに会えるかな?と二階のロビーに上がったら、
    __.JPG
    人間とお野菜に遭遇!

    久しぶりに会ったかぼちゃ(右)に、
    「綺麗になった!子供一人産んだとは思えない!」と、
    こっちがたじろぐぐらいほめてもらって、さらなる元気をもらう。
    これだけでも、行ってよかったわ(笑)。

    観劇後、少しだけ大阪の街をプラプラしてから、サスケの待つ実家へ。
    すでにぐっすり寝入ったサスケの寝顔を見て、幸せな気分になる。

    劇団活動とか、舞台公演とか、見守るだけの側に回ってしまったことを、
    今でも時々寂しく思うし、現状の生活に物足りなさも感じるけれど、
    何を最優先したいかって考えると、やっぱりムスコであり、家族なんよなー。
    中途半端なことはせず、私は私なりの道を進めばいい。
    そう思う。

    一夜明け。。。

    父に梅田まで車で送ってもらい、阪急電車で京都に帰省。
    私の顔を見上げるムスコの鼻の穴には、ぴらぴらーっとそよぐハナクソチャン。
    指でつまんで取ってあげるも、車中の床に捨てるのはしのびなく、
    ずっと左手の親指と人差し指の間にキープ。
    結局そのまま40分。
    ようやく大宮駅に着いて、ホームのゴミ箱へポイッ!

    私もすっかり母になったもんです。








    ババンババンバンバン

    • 2011.08.09 Tuesday
    • 17:41
    __.JPG
    日曜日のこと。
    バンバンバザールが京都の新京極商店街にやってくるー!
    わーい!
    ということで、京都へ仕事に来てたべべちゃんとサスケとともにライブ参戦。

    暑かったけど、青空の下で楽しむライブはサイコー!
    もうしばらくお預けやと思ってたからこそ余計にかな。
    明らかに初見であろう通りすがりのおっちゃんとかも、ノリノリで観てはる姿にホッコリ。

    あとは片手にビールがあれば、もっとサイコーだったのになぁ。

    幸せなひとときやった。

    次に観れるのはいつだろう?
    とかなんとか言いつつ、ちょっともたたんうちに、『実家にサスケ預けて観にいく』に三千点。

    涌井大宴会

    • 2011.08.06 Saturday
    • 09:50
    __.JPG
    久しぶりに、小道具を製作。。。
    旦那さんのライブ用に。 

    中身はつぼ焼きにして食べましたとさ。
    ライブ後には即行解体してほかしましたとさ。

    お父さんの寸劇を、冷ややかに観るサスケ↑
    幼心に、どんなことを感じてたんやろ?
    刺激的すぎてたら、ごめんね!

    だいじょぶだー

    • 2011.02.16 Wednesday
    • 22:29
    先週末のこと。
    3時間に一度の搾乳タイムと病院通いで、なかなか時間が作れないながらも、
    どうしても観に行きたかった、ストーンエイジさんの公演に。

    舞台上の役者さんが楽しんでる感じが、客席にまで伝わってきた。
    芝居でもライブでも、私が重視するのはそこ。
    やってる側が楽しそうでなければ、観てる側も楽しめないと思うから。
    ビジュアル系バンドが私的に「う〜ん…」なのも、そのせいなんかもなぁ。
    苦悶の表情オンリーはいや〜ん。

    いっぱい笑って泣いた帰り道、お芝居で使われてた、ブルーハーツの曲が頭の中をぐーるぐる。
    遠いようで近い昔のことを思い出したりして。
    未来も怖くない。
    うん、大丈夫。






    ミックマック

    • 2010.09.29 Wednesday
    • 16:59
    家でじっとしてるのにも飽きたので、
    ちょっとだけならいいだろうと、一駅先の映画館へ。

    行くついでに、ちょっと足を伸ばして寺町商店街に立ち寄る。
    服屋さんの店頭で、ビラビラがいっぱいついた赤いブーツに一目惚れ。
    あまりにふくらはぎがたくましすぎて、並のサイズじゃ試着の時点で履くことすらできなかった、言わばトラウマ的アイテム「ブーツ」。
    ここ一年くらいで、全体的にサイズダウンしたからか、
    Mサイズやのにすっと履けたーーーー!!!
    それだけで感動!
    そしてお買い上げ。
    いきって、買ったばかりのブーツで街を歩く。
    ビラビラがひるがえっていい感じ。
    足取りがちょっと軽くなった気がした。

    で、その後はいそいそと京都シネマへ向かい、
    「ミックマック」という映画を観る。
    内容はざくっと言うと、復讐劇なんやけど、
    カラッとしててユーモアがあって、とにかく気持ちがいい!

    エンディングへとなだれ込んでいく様は、
    往年の「ハングマン」シリーズのようやった。
    モルモットおじさんは、さすがにおらんかったけど。

    映画の余韻を楽しみながら、清々しい気持ちで帰宅したのもつかの間、
    ちょっと調子に乗って歩きすぎたせいかダウン…。
    ゆえに晩ご飯は超手抜きなしゃぶしゃぶ鍋。
    おいしいって言われたけど、それは「ごましゃぶのタレ」の手柄ですから…。

    親の愛

    • 2010.07.28 Wednesday
    • 00:28
     取引先の勉強会的なものに参加後、
    せっかく大阪来たし…と、スカイビル近くのAggiへ。
    ビール一杯だけひっかけて、ちょっとだけ喋って帰るつもりが、
    ライブが始まったので、もうちょいまったりさせてもらうことに。

    若い感じのお嬢さんふたりからなる、鍵盤&サックスのユニット。
    客席にいたお父さんが、めちゃめちゃ温かく見守ってる姿を見て、
    ほほえましい気分になる。

    そういや私も、お芝居してたときは、毎回両親が観に来てくれてたなあ。
    観た後には「よぉわからんかったわ」とかいうくせに。
    会社の人にも宣伝して、チケットまで売ってくれたりね。
    好き勝手やってた私に、愛想付かすこともなく、いつも優しく見守っていてくれた。
    親の愛、ありがたいなぁ。

    そんなことを改めて実感したひととき。

    愛すべき超人たち

    • 2010.07.17 Saturday
    • 12:45
    昨日は、某企業で打合せ&元職場仲間とランチ後、
    超予備さんの公演お手伝いへ。

    今回は一日だけやったので、本番も見せてもらう。

    アテ書きいいなー。
    役者がイキイキしてる。
    憎めないキャラのオンパレードである超予備メンバーの暴走を、
    客演さんがうまいこといなしてる感じ。
    ニヤニヤわろた。

    色々と心惹かれるシーンがあった中で、
    一番オモロかったのが、ミツルギさんの口笛!
    黄色のタンクトップ以来の衝撃!!!

    そんなこんなも含めて、この公演必見です!

    超予備さんを知らない人も充分楽しめるよー。
    梅雨明け一発目の娯楽にいかがですか〜?

    ★超人予備校第5回本公演 『超人予備校のうしばい どなどな』★ 

    【作・演出】魔人ハンターミツルギ 

    【日時】2010年 7月16日(金)19:30 
                17日(土)15:00/19:30 
                18日(日)13:00/19:00(全5回) 

        ※受付開始は開演1時間前です。開場は開演30分前です。 


    【会場】in→dependent theatre 1st  

        最寄り駅:大阪市営地下鉄堺筋線「恵美須町」駅  
        1B西出口より左手(南)へ徒歩約1分 

    【料金】前売2,200円、当日2,400円、学割1,800円 

        (高校生以下・学生証提示要)、小学生以下無料。 
        全席自由、受付順に整理券を発行します。 

    【出演】流石鉄平/上別府学/中川琴乃/日枝美香L/尾松由紀 
        三月/豊田圭/魔人ハンターミツルギ 
        わかいのぶこ(未来探偵社)/嶌田忠 (GiantGrammy) 


    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM